自分の商品の価格を決めるときにつまづいたこと

私が独立してから(する前から既に仕事はちょこちょこ受けていたけど)、つまづいた事だらけだけど特につまづいたな・・・って思ったのが自分の商品の価格を決めること。

ぶたの貯金箱

安い価格で提供してしまっていた

私だったら最初のスタートはWebサイト制作です。

Webサイト制作にも相場というのがあって、1ページ◯◯円とかあるわけなのだけど私は自分に自信がなくて「デザイン力が無いから、まだ経験がないから相場より安く」提供していました。

いざ一人でWebの世界に飛び込んでみると、周りのレベルは当然のように高くてデザイン力もあるしお客さんも沢山ついている。

技術力もデザイン力も当然私は勝てない。
市場を知るのは大事だけど、私の場合は「周りを気にして」安い価格を提示してしまっていました。

周りを気にしてつけた安い価格は結局お互いが損をする

市場を知ってちゃんと意味があってつけた価格ならば良いのだけど、「周りを気にして」「相手の反応を気にして」つけた価格っていうのは結果的にお互いが損をする結果になります。

安い価格は、自分のモチベーションや収入に繋がりにくいのはもちろん、制作内容もその価格の気分でやっちゃうんです。

そうすると質は当然落ちるし、お客さんだって損をする。

根拠のない「周りを気にする」価格設定っていうのはお互いが損をしてしまう。

価格には根拠がある

そこで私は周りの人に聞いたり、調べたり、メンターである人に聞きに行ったりしました。

その時に学んだのが「例えば1ページ◯◯円ならば、その根拠を提示すればいい」というもの。

Webサイト制作だったら、“どこまでをこの期間で、こういうやり方でやるから◯◯円”というのをハッキリと分かりやすく決めて伝えろと。

以前依頼を受けたお客さんで、「これだったら3万円ですね」と言ったら「えー!高い!」と言われてしまいました。
でも、↑の言葉を思い出して「これをここまでやるから3万円、もし安くしたいならここまでにすると2万円になる」みたいに根拠をハッキリと伝えたところ、「じゃあ3万円で!」と納得してくれたんです。

お互いが納得したうえで、そして認識のズレが減らせるように、1個1個の根拠をきっちり考えることがこの価格の悩みを抜け出す一つのきっかけでした。

「収入が上がるのは当たり前、収入は得てもいい」というお金に対する価値観の壁をとっぱらう

日本人の性格でよく言われているけれども、「売ることが悪いことだ」「お金をもらうと申し訳ない」という感覚がどこかにあるんです。少なくとも私の場合はありました。

Web業界とは全く関係ないけれども様々な成果を上げてる方に言われたことがあって、

「別に月に30万でも50万でも100万でももらっていいんだよ。そのもらってもいいっていう器ができたときにはじめて収入があがる。」

ああ、そうだそうだ、どこかの本で「日本人は売ることが悪いことだという感覚になる教育を受ける」的なこと書いてあるのを読んだことある。

それがいざ自分ごとになると繋げてなかった。

そういうお金の壁をとっぱらうと、価格の決め方に迷わなくなる。

技術は後回し、人とのコミュニケーションが重要

技術力やデザイン力を物凄く気にしてしまっていた私。

これも何人にも何回も言われてやっと気付きました。

「技術は後からついてくるから、今できるもので精一杯真摯に丁寧に対応すること。」

技術力やデザイン力が最優先になるといつまでたってもその場で足踏み状態になる。

それよりも大事にしなきゃいけないのは、目の前にいる相手に対して作るものに対して精一杯に丁寧にやること。

これも言われたことで「連絡をまめにくれる人って実は少ないのよ。それだけで仕事は沢山あるのに。」

当たり前のことだけど、自分のことばかり考えてしまうと一番忘れてしまう大事なこと。

技術はあとからついてくるのだから、技術だけで価格は決めなくていい。

言われたとおりに、技術力は他より劣るかもしれないけれど連絡はまめにして、分からないところはきちんと聞いて、遅れたりミスがあったらすぐに報告する、っていうことをしたら物凄く相手に好印象を持ってもらえて、その方から今でも仕事がきます。

仕事の理解よりも、人を理解するほうが仕事は100倍上手くいくんだと思った。

自分が作る範囲を明確にして伝える

そして、自分が「なにをどこまでやるのか・できるのか」っていう範囲を明確にして相手に伝えること。

私はここが曖昧だった。

Webサイト制作だったら、作るだけじゃなくて作った後の修正だったり、素材探しだったり、写真撮影だったり色々やらなきゃいけないことがあってどこまで自分がやるのか。

相手も分からないわけだから、こちらがその範囲を明確することで自分の負担が減るだけじゃなくて、相手もどこまでやってくれるのかイメージしやすくなって「この人に頼むと分かりやすい」っていう印象に繋がる。

価格を決めるということは、自分の仕事が明確になること

「?」が多い状態だとモヤモヤする。

どこまでやればいいの?本当にお金もらえるの?本当はもっと欲しいんだけど…っていうのをなるべくゼロにする。

価格を決めるということは、自分の仕事が明確になって相手にも明確に分かりやすく伝えることができる。

それができなかった原因は自分のビビリ・言いにくいっていう姿勢でした。

「◯◯までしかできません」っていうと怒られるかな・・・って思ったり、「1万円じゃなくて3万円になるんですが…」っていうと嫌がられるかな・・・って思ったり。

それは自分の勝手な想像でただのビビリで、はっきり言ってみたら怒る人なんて一人もいなかったし、逆に怒る人なら自分のお客さんじゃない。

もし価格で納得がいかなかったら、ちゃんと根拠を説明して予算に合う提案をこちらが相手のためにしてあげることで良好にできるんだなと思います。

今はWeb制作の新規案件は受け付けていないけど、他のいまやってる仕事でも当てはまる。

できるようになると面白くなるもんだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でakaneをフォローしよう!

noteでも書いてます(*´ω`*)!

follow us in feedly
Feedlyで購読する!

Twitterで交流しよう!
[ 自分の商品の価格を決めるときにつまづいたこと ]ライフログ, 2016/09/05 15:38