【インタビュー】応援を形にし続ける!シンガポールでバンカーとして活躍しているしんさん

インタビューしんさん


 この記事のタイトルとURLをコピーする

VALUで私のVAを購入していただいた『しんさん』にインタビューさせていただきました。

シンガポール在住で、インベストメントバンカーとして戦略コンサル、M&Aオリジネーション(簡単に言うと日本の企業のアジア進出のお手伝い)として活躍するしんさんは一体どんな人なのでしょうか?

私も興味津々でインタビュー!

会話のアイコンは息子さんが可愛すぎるので、しんさんの代わりに登場していただきました(●´ω`●)

しんさんの学生時代は変わり者だった?

akane
こんばんは!今日はよろしくお願いします。
インタビューの時間を決めたはいいのですが、シンガポールって時差どれくらいですか?(;´∀`)
しんさん
どうぞよろしくお願いします。
日本とシンガポールの時差は大体1時間ぐらいですよ!
akane
良かった!そんなに変わらなくて!もし何時間も違ったら変な時間になってないか心配しました笑
まずは簡単に自己紹介からお願いします♪
しんさん
大阪出身の29歳で、妻と息子(1歳7ヶ月)の3人家族です(^^)
akane
大阪!私いま関西なので親近感湧きます!
しんさんって学生時代はどんな人だったんですか?
しんさん
小学生の頃から変わっている子でした笑

授業にあまり出ていなくて、体育と調理実習の授業は出ていたという感じです笑

akane
え!授業にあまり出ていなかったという事に驚きです。先生とかクラスの子に色々言われたりとかしなかったんですか?
しんさん
先生もクラスの子も僕がそういう子だっていうのを認めていた感じで、特になんだかんだ言われる事は無かったですね〜。

ちなみにマイケル・ジョーダンに憧れていてバスケをめちゃめちゃやっていました!
中学校ではさすがに授業は出ないとまずかったけど、友達とよく遊んでばかりでしたね。

akane
(今の雰囲気からは想像できない…笑)親とかには怒られなかったんですか?
しんさん
中学生も高校生もテスト勉強というのをやらなくて、いつもテスト当日が初見で当然点数も取れるわけもなく親にはかなり怒られていました笑

とても厳しい親でした…。

akane
ご両親は厳しかったんですね!でも何だか自分を貫いてる感じが既に見えてきました。

小学生のころはあまり授業に出ず、中学生・高校生のころも授業やテストというのに興味がなかったというしんさん。

普通ならあり得ない事かもしれないけど、その中にあるしんさんの「芯」(シャレじゃありません笑)というのがこのあと芽生えてきます。

高校生の時にしんさんの今に繋がるといっても過言ではない考えと本の出会い

しんさん
高校生の時にあるテレビでタイの山ゴミですごす少女を見たのですが、日本は豊かなのに…と疑問を持つようになりました。

その時、哲学者の「カントさん」の本を読んだんです。

 

 

akane
高校生で哲学本を読むなんで凄い!私は文字がいっぱいの本は苦手だった…
しんさん
人間のあり方とか、世の中の事をもっと知りたくなったんです。
akane
おお、凄い考えです。だんだん今のしんさんに近づいてきました。
しんさん
論理学というものに興味を持って大学は経済学部に進みました。
しんさんが言うには「“論理”は世の中の仕組みを説明する為のツールで、経済学は世の中の仕組みを“論理”と“数式”で説明する学問です。」との事でした。
akane
確かに私も仕事でマーケティングを学んだ時は必ず計算と式が出てました!(「売上 = (A)客数 × (B)購入金額」みたいなやつ)

「世の中の論理を知りたい」論理学と経済学に没頭する大学生時代

akane
次に大学生時代はどんな感じだったんですか?
しんさん
論理を使って社会を解明するのが経済学なんです。
それで経済学部に進んだわけですが、1回生の時に「これは経済学じゃない!」と思って単位をとらなかったんです笑
akane
え?!単位とらないと留年じゃないんですか?
しんさん
まあ2回生で取り返して留年にはならなかったんですがね笑

ちなみにその頃は夜は11時に寝て朝は5時には起きて英語をやっていました。あと英語でディベートとかも。

akane
おおお、そこで英語も学んだわけですね、
英語の歴史をみると、アメリカの英語ってかなりロジカルな仕組みになっていてロジカルな思考を鍛えられるそうです。
しんさん
大学院にいって大学の先生になろうとも思ったのですが、大学の先生だとどうしても研究になってしまうんです。

スポンサーリンク

僕がやりたかったのは、世の中の全体的な事を知ることで一つの狭い分野に絞る研究ではなかったんです。
研究者の方々が見出した成果を身に着けていきたかったというか。

しんさんの目指したいことは大学生の頃にほぼ方向性が決まってきたようです。

「世の中の論理学・経済学・仕組みが知りたい」という思いからどうなっていくのでしょうか。

戦略コンサルもするバンカーとしての経験

akane
次は今の仕事について聞かせてください!
しんさん
今はシンガポールで日本企業のアジア進出をお手伝いするバンカーとして働いています。
いわゆるM&Aです。

M&A(エムアンドエー)とは

『Mergers(合併)and Acquisitions(買収)』の略です。 M&Aの意味は、企業の合併買収のことで、2つ以上の会社が一つになったり(合併)、ある会社が他の会社を買ったりすること(買収)です。
出典:M&Aとは/M&A成功のために|日本M&Aセンター:No1のM&A支援実績

akane
つまり、「こんな事がしたい」と思っても時間や人員がなくてできない事を自分たちで買収して時間と技術的にも可能な企業を入れて実現させることですね。
しんさん
そんな感じですね。
大きな企業が相手なので1案件でかなりの金額が動きます。もちろんその分自分への期待値も高いです。
誰も答えを持っていないし物があるわけでもないんです。
akane
確かに・・・。いわゆるコンサル的な事や営業的なことも全部やるわけですもんね。
しんさん
そうです。自分の頭とPCで作っていくので答えを導けるのかプレッシャーはありますね。
akane
ひゃー。私には絶対無理なお仕事です…。
しんさん
でもやっぱりそれがブレイクしたりお客さんに喜んでもらった時は最高に嬉しいですね。
この仕事をやって良かったと思う瞬間です。
akane
確かにお客さんに喜んでもらう時はやって良かったと心から嬉しく思いますね♪

凡人の私には到底理解できないような、企業と企業の経営的な戦略を立てていくお仕事。
でも「お客さんが喜ぶ顔が嬉しい」というのはどの仕事でも共通しているのかもしれません。

目指すは個人の応援!「プライベートエクイティーファンド」を作りたい&VALUへの期待

akane
最後にしんさんの今後の活動や目標について教えてください。
しんさん
将来的に「プライベート・エクイティー・ファウンド」をやっていきたいと思っています。
akane
プライベートエクイティーファンド?
しんさん
パブリックエクイティーの逆になります。

普通は企業って何かをやろうとした時に最初に投資する資金は、機関投資家(個人じゃなくてプロがやってる)から調達していたりするんです。
それを個人レベルでできるようなファウンドを作って個人個人の活躍を応援していきたいんです。
普通の個人から集金したいけど法律で規制されていて今はできないのですが、今後は規制は緩和されていくことになると思います。

akane
あれ、それってなんだか「VALU」みたい!
しんさん
そうです!まさしく「VALU」は自分がやりたかった事と非常に近いんです。

だから僕も登録しています。色んな人を応援したくて。

akane
しんさんとこうして知り合う事ができたのもVALUがきっかけでしたもんね。
しんさん
そうですね。お金のやり取りや資金調達というよりも、業種の違う個人同士が繋がりを持てたりコラボができたり投資対象の人と一緒に成長して利益を得る。
それがVALUの魅力だと思います。

VALUも今問題が出てきていたり(まだできたてのサービスでこれからルールが作られていくのだと思います)将来はどうなるか分かりませんが、そこがクリアできれば可能性はかなりあると思います。

もしVALUがダメだったら僕がやりますよ笑
もう会社なんていらなくなるかもしれませんね。

あと大学の先生はやらないと言ったのですが、大学生に教える事はやっていきたいと思ってるんです。
論文であったり、それこそブログ配信や本の出版やテレビ出演もしてみたいです。

そういったもので世の中をよくしていきたいと思っています。

akane
知識と経験と理念を持って、しんさんの夢が今実現に向けて進んでいるんですね!
経済学はちんぷんかんぷんだけど、なんだか将来が楽しみです。
テレビに出たら「あの人私のインタビュー受けてくれてん!」って自慢します笑
しんさん
ぜひ笑
本も分かりやすい内容で出版できたら良いなと思ってるので、もし叶ったら手に取ってみてくださいね!
akane
今回は貴重なお話し、ありがとうございました!
しんさん
こちらこそ、ありがとうございました!

 

しんさんは、知識と経験と理念を持って自分ができる「応援」を形にしていました。

夢はあっても、「形」にするところまでいける人ってどれくらいいるのでしょうか。

知識豊富で実力もあるしんさんは、息子が可愛くて仕方ないと柔らかい口調でどこか温かいパパの姿も見えた、人間味にも溢れる魅力的な方でした。

自分の事を見直しながら、私も大きな刺激を受けました!
しんさんこの度は本当にありがとうございました。

 

\この記事をシェア/

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスクリエイター。 愛媛出身→岡山→大阪→横浜→兵庫(現在) 主にWebデザインやWeb担当業務、作品販売、プロジェクトの裏方などの仕事をしています。 情報集めや新しいものが大好き! 「楽しく生きる」をモットーに、便利ツール紹介やコラムなどを書いています。