このブログを書いてる人
SNS

Twitterで通信量節約できるデータセーブとは?

Twitterのデータセーブ

Twitterの「データセーブ」という機能をご存知ですか?

スポンサーリンク

いつの間にか実装されていましたがこの機能は2018年5月にモバイル版のTwitterにひそかに実装されました。この記事を書いている2ヶ月前ですね。
使える人には使える機能だと思うので紹介します😃

データセーブとは?

Twitterのデータセーブ

データセーブとは通信量を制限できるモードです。

また、モバイルのデータ量をより軽減するためにデータ節減モードも追加しました。このモードではまず画像や動画をプレビューで表示し、フルロードしたいものだけを選ぶことができます。これにより、最大70%のデータ量を軽減でき、モバイルデータが高額になってしまう地域でもTwitterをより手頃にご利用いただけるようになります。

引用:Twitter Liteのご紹介

画像や動画を表示・再生せずにタイムラインが表示されることで通信量を節約することができます。

最大70%のデータ量を軽減できるとありますが、実際は接続環境によって上下すると思います。
それでも画像や動画を表示しないだけでもだいぶ節約になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

データセーブにする方法

  1. アプリ版ではなくスマホでSafariやChromeなどのモバイル版Twitterを開く(PCからでも開けます)
  2. 左上の自分のアカウント名をタップしてメニューを開く
  3. 下のほうにある「データセーブ」をオンにする
Twitterのデータセーブ

アプリ版のTwitterへは順次実装?

アプリ版のTwitterはまだ全ての人に実装されているわけではないようです。
一部の人には実装されてるみたいなので、まだ使えるアカウントは少なく少しずつ実装されるアカウントが増えていくと思います。

なのでアプリ版で実装されていない場合、アプリではなくてSafariやChromeなどのブラウザでTwitterを使うことになりますね。

Memo📝

Twitterの最新情報はTwitterの公式サイトTwitter公式アカウントで確認することができます。

akane(@akaneiro6376

ABOUT ME
akane
フリーランスクリエイター。 愛媛出身→岡山→大阪→横浜→兵庫(現在) 主にWebデザインやWeb担当業務、作品販売、プロジェクトの裏方などの仕事をしています。 情報集めや新しいものが大好き! 「楽しく生きる」をモットーに、便利ツール紹介やコラムなどを書いています。